メインイメージ

メリット・デメリットまとめ

現代では、一般の女性でも非常に高い美意識を持っている方が増えています。
それと同時に、セルフケアではどうしても理想のプロポーションを手に入れることが難しいと感じる方も多く
美容整形外科などで受けられる「脂肪吸引」が注目されています。

脂肪吸引は美容技術の中でもポピュラーなものですので、雑誌やCM・広告でご存知の方も多いのではないでしょうか。
ここでは、脂肪吸引のメリット・デメリットについてご紹介いたします。

【脂肪吸引のメリット】
脂肪吸引の最大のメリットと言えば、やはり「一回の施術で大きな効果が実感できる」というところです。
通常、食事制限や運動などのダイエットには長い時間が掛かります。
また、効果が得られないこともあります。
脂肪吸引の場合は、文字通り脂肪を吸引し排出しますので、一回の施術でも見た目に効果が実感できます。

「部分痩せが出来る」という点も大きなメリットです。
ダイエットで部分痩せはほぼ不可能、といわれるくらい部分痩せは難しいものです。
「上半身は理想的なのに下半身だけ太っている」や「二の腕の脂肪が落ちれば完璧」という場合、
脂肪吸引であれば比較的簡単に該当部位の脂肪を除去することが出来るのです。

ダイエット最大の難関である「リバウンド」が起こりにくいというメリットもあります。
通常のダイエットの場合、脂肪細胞の数が減るわけではなく、
肥大した脂肪細胞が小さくなってダイエット成功となります。

脂肪吸引の場合は、脂肪細胞の数自体を劇的に減少させますので、リバウンドしにくい体になるのです。
しかし、再び脂肪細胞が肥大してしまうとある程度見た目に影響しますので、
脂肪吸引後も暴飲暴食は避ける必要があります。

【脂肪吸引のデメリット】
脂肪吸引のデメリットには、「術後のダウンタイム」があげられます。
ダウンタイムというのは、手術後に通常の生活が送れるまでの日数を指します。

施術方法や施術範囲、個人差にもよりますが、痛みで数日間外出できなかった、という方もいるようです。
逆に、多少の痛みは感じるものの特に支障はなかったという方もいます。

脂肪吸引は外科手術を伴いますので、「抜糸までの入浴制限」「運動制限」といった制限もあります。

クリニックから痛み止めの処方などもありますが、ダウンタイムの事を考慮してスケジュール調整をすると安心です。

また、信頼できるクリニック・医師選びを慎重に行わないと、失敗や命への危険も伴います。
逆に、信頼できる医師に任せることで手軽に理想の体型を手に入れることができますので、
慎重なクリニック選びをする必要があります。

Copyright© 2010 Liposuction All Rights Reserved.